【SPONSORED LINK】

柔道の超初心者のための「ルール」と「みどころ」のまとめ

  
   

柔道は日本発祥の武道で,今や世界中に広まっています.

オリンピックでは「お家芸」と言われ,最も金メダルが期待されるといってもいい種目ですが,「あまり柔道のルールを知らない」という人も多いのではないかと思います.

友人から「オリンピックでもなんとなく見てるけど,なんかよく分からないし,気付いたら試合終わってる」という感想を聞くこともあります.

この記事では,「柔道ってどうやったら勝ちなの?」というような超初心者の人でも,楽しんで柔道を見ることができるように,基本的なことからルールを説明します.

【SPONSORED LINK】

柔道とは

柔道のルールの前に,「柔道ってそもそも何ぞ?」というところから,説明したいと思います.

簡単にいえば,「柔道」は「様々な柔術の流派を組み合わせて作られた武道」で,嘉納治五郎氏が柔道の技術体系の開祖とされています.

さて,もともと柔道は「武道」であり,「スポーツ」ではありませんでした.つまり,柔道は勝つために稽古するのではなく,鍛錬と教育を目的として行われていました.

時間が経ち,柔道が競技として普及するとともに,スポーツとしての側面が強くなります.

柔道がオリンピックに初めて登場するのは,1932年のロサンゼルスオリンピックからです(ただし,これは正式種目ではなく,公開種目としてです).

それ以来,柔道は”JUDO”として,世界に広く浸透していくことになりました.

「一本」と「技あり」と「有効」

さて,それでは柔道のルールの説明に入ります.そのために,まずは「一本」,「技あり」,「有効」について説明します.

これらは相手を倒したり,抑え込んだりすることによって得られる「得点」のようなものです.

「一本」,「技あり」,「有効」の意味は次のようになっています.

  • 一本:1回取ればその時点で勝ちとなり,試合が終了します.
  • 技あり:2回取れば「一本」となり,試合が終了します.これを「合わせ技」と言います.
  • 有効:何回取っても勝ちにはなりませんが,制限時間が終了した時点で両者の「技あり」の数が一緒なら,「有効」が多い方の勝ちとなります.

つまり,「一本」を1回取るか,「技あり」を2回取れば勝ちとなります.

また,「有効」は何回取っても「技あり」に勝てません.例えば,制限時間が切れたとき,自分が「有効」を10回取っていても,相手に「技あり」を1回でも取られていると負けとなります.

なお,以前は「有効」の下に「効果」もありましたが,現在では用いられなくなっています.

「立ち技」と「寝技」

基本的に,柔道の技は「立ち技」と「寝技」に分類され,「立ち技」と「寝技」のそれぞれで「一本」,「技あり」,「有効」があります.

ただし,判定基準には「講道館ルール(講道館試合審判規定)」と「国際ルール(国際柔道連盟 (IJF) 試合審判規定)」の2つが主流です.

「講道館ルール」は国内試合で用いられることが多いルールで,「国際ルール」はオリンピックなどの国際試合で用いられることが多いルールです.

この記事では,「国際ルール」に基づいて説明します.

立ち技

「立ち技」は「投げ技」と言われることもあり,「相手を投げること」により一本を狙います.

「立ち技」での「一本」,「技あり」,「有効」の基準は,大雑把に次のようになっています.

  • 一本:相手を「コントロール」して,それなりの「強さ」と「速さ」で「相手の背中が畳につく」ように投げたとき.
  • 技あり:相手を「コントロール」して「相手の背中が畳につく」ように投げたが,「強さ」と「速さ」のいずれか1つのみ不足しているとき.
  • 有効:相手を「コントロール」してして「相手の背中が畳につく」ように投げたが,「強さ」と「速さ」が不足しているとき.

まず,「相手をコントロールして相手の背中が畳につく」ということが前提となります.

投げた時の「強さ」と「速さ」とがどれだけ達成できているかで,「一本」,「技あり」,「有効」のどれになるかが変わります.

なお,投げた後に相手がうつ伏せに畳に落ちた場合,「相手の背中が畳につく」が全く満たされていないので,「一本」,「技あり」,「有効」のどれにも該当しません.

と言うのは,あくまで不足でなければならないので,少なくとも横向きに倒すくらいは必要となります.

寝技

「寝技」は「固め技」,「絞め技」,「関節技」により一本を狙います.

固め技

「抑え込むための技」のことを「固め技」といいます.

「抑え込む」とは,相手を畳に仰向けの状態にして上から制御し,反撃できない体勢にすることを言います.

「抑え込み」が成立している時間によって,「一本」,「技あり」,「有効」が次のようになっています.

  • 一本:25秒の抑え込み
  • 技あり:20秒以上,25秒未満の抑え込み
  • 有効:15秒以上,20秒未満の抑え込み

「抑え込み」は次のようにして「解く」ことができます.

  • うつ伏せになる
  • 相手の胴体や脚に,自分の脚を絡める
  • 場外に出る

注意点は2つ目ですね.相手に仰向け状態で制せられていても,相手に脚を絡めれば「抑え込み」ではありません.

関節技

「肘関節を極める技」のことを「関節技」といいます.

「肘関節を極める」とは,「肘を本来曲がらない方向へ力を加えて傷めつける」ことです.柔道で許されている関節技は「肘関節の関節技」のみで,手首や肩などへの関節技は禁止されています.

関節技が極まった場合,畳や相手を2回叩くことにより「参った」となり,その時点で一本となります.

稀に「参った」をせず肘を傷めて試合続行が不可能になることがありますが,そうなった場合も一本となります.

ですが,「参った」により勝敗が決まることがほとんどです.

絞め技

「頸動脈を締める技」のことを「絞め技」といいます.

「絞め技」はあくまで「頸動脈を締める技」であって,「気管を締める」わけではありません.ですから,「絞め技」が極まると,息が苦しいというより,脳に血液が回らず意識が遠のきます.

余談ですが,単に気管を絞めて落とそうとすると時間がかかりますが,頸動脈を締める「絞め技」が完璧に決まれば数秒で落ちる(失神する)こともあります.

絞め技が入った場合,畳や相手を2回叩くことにより「参った」となり,その時点で一本となります.「参った」をしないと落ちることがありますが,そうなった場合も一本となります.

みどころ

投げ技の美しさや,寝技の上手さが柔道の「みどころ」であるのは言うまでもないでしょう.ルールを知っていれば,さらにアツく観戦できるようになります.

組み手争い

立ち技では,相手の「襟」と「袖」を握るのが,基本的な姿勢です.なお,この掴み方を「組み手」と言います.また,襟を握っている方の手を「釣り手」,袖を握っている方の手を「引き手」と言います.

「組み手」には左右があり,「釣り手」が右手の組み手を「右組み」,「釣り手」が左手の組み手を「左組み」といいます.

柔道をする人はそれぞれ「右組み」,「左組み」を決めているのが普通です.ですから,さっき「右組み」だった人が,今度は「左組み」ということはほぼありません.

さて,立ち技ではこの「組み手」が非常に大切です.

親指の側面が道着越しに相手の腕に密着するように,巻き込んでぎゅっと握れば力は伝わりやすいですし,襟も上の方を持てば力はよく伝わります.

一方,袖を単に握るだけでは相手の腕を制するのは難しいですし,襟も下の方を持てば力が逃げてしまいます.

しかし,相手もいいところをとってこようとしてきますから,そこで「組み手争い」となります.「組み手」が悪いとそもそも立ち技に入ることもできませんから,この「組み手争い」はとても大事なのです.

立ち技から寝技への連携

投げ技に入っても,必ず決まるわけではありません.相手がうつ伏せに倒れれば,有効にすらなりません.

ですが,投げる時に相手の袖や襟のいい位置を握った状態で寝技へ移行すれば,立ち技で決まらなくても,そこから相手をひっくり返して寝技に持ち込むことができるのです.

例えば,立ち技で「技あり」を決め,そのまま寝技に移行して20秒の抑え込みで「技あり」をとって,合わせ技の「一本」ということもよくあります.

ですから,倒された相手は投げられた直後にすぐにうつ伏せになろうとしますし,うつ伏せになれなくても相手に脚を絡めていれば抑え込みにはならないので,相手の胴体に足を絡めようとします.

このような攻防も「みどころ」の一つです.

返し技

最後に「返し技」です.

柔道では,体勢が十分でないまま技に入ってしまうと,バランスを崩してしまい,逆に投げられてしまうことがあります.このように,「相手がかけた技を捌き,逆に相手をコントロールして投げる技」のことを「返し技」と言います.

「返し技」は柔道の醍醐味の一つと言えます.

「返し技」があることによって投げる側はうかつに技に入ることができなくなりますが,逆に「返し技」を恐れすぎると指導を取られかねません.ここからも先ほど述べたように「組み手争い」が大切であることが分かりますね.

ここの微妙なところに面白さがあるのです.また,もともとの柔道が精神的な鍛錬と教育を目的とした武道であった頃の名残があるようにも思います.

また,「返し技」を語るにあたっては,「返し技」に関する誤審の多さにも言及しておくべきでしょう.「返し技」は微妙なことも多く,誤審が起こることがよくあります.

2000年のシドニーオリンピックの男子柔道100kg超級の決勝で「世紀の大誤審」とも言われる誤審が起こりました.

この試合では,篠原信一氏が「内股すかし」という返し技で相手を返したにもかかわらず,一本になるどころか相手に有効のポイントが入ってしまいました.結局,その相手の有効のポイントが最後まで響き,篠原信一氏は銀メダルに終わることになりました.

このことに関して,のちに審判団も相手国のフランスも誤審であったと述べています.

誰が悪いというつもりはありませんが,このように「返し技」に関する誤審はオリンピックの決勝でも起こり得るのです.

柔道のオススメ動画

柔道に関するオススメの動画を最後に紹介します.

野村忠宏氏

野村忠宏氏は1996年のアトランタオリンピック,2000年のシドニーオリンピック,2004年のアテネオリンピックの60kg級で史上唯一のオリンピック柔道3連覇を果たしています.

2回目のオリンピックでは,「全て違う技で勝つ」と宣言し,実際に全て違う技で勝っています.

大野将平氏

2016年のリオデジャネイロオリンピックの73kg級で金メダルを獲得しています.

立ち技,寝技のキレに加えて,最後まで投げ切って決める一本は,見ていて非常に気持ちがよく爽快です.

柔道に対する考え方や姿勢を見ても,選手というより柔道家という方が個人的にはぴったりきます.私が最も尊敬している柔道家です.

古賀稔彦氏

1992年のバルセロナオリンピックの71kg級で金メダルを獲得しています.

豪快にもっていく「一本背負い投げ」が得意技で,技のキレが凄まじい選手です.

その他

このまま一つ一つ説明していくと,いくらあっても足りませんので,最後にいくつか厳選して挙げておきます.



最後まで読んでいただきありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

【SPONSORED LINK】

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください