【SPONSORED LINK】

柔道の超初心者のための「ルール」と「みどころ」のまとめ

  
   

「柔道」は日本発祥の武道で,今ではオリンピック種目の1つとされるほど世界中に広まっています.

そのオリンピックでは,「柔道は日本の『お家芸』」とまで言われ,最も金メダルが期待されるといってもいい種目です.

とはいえ,友人から「オリンピックでもなんとなく見てるけど,なんかよく分からないし,気付いたら試合終わってる」という感想を聞くこともあり,「あまり柔道のルールを知らない」という人は少なくないように思います.

確かに,柔道は「投げたように見えてもポイントにならない」「何もしていないように見えたけど指導(反則)になった」など,知っていないと「それでいいの?」と思えてしまう場面もあるように思います.

この記事では,「柔道ってどうやったら勝ちなの?」というような超初心者の人でも,楽しんで柔道を見ることができるように,「基本的なルール」から「柔道のみどころ」まで説明します.

【SPONSORED LINK】

柔道の成り立ちと理念

「柔道」は「様々な柔術の流派を組み合わせて作られた武道」で,嘉納治五郎氏が柔道の技術体系の開祖とされています.

現在でも空手では「〜流空手」など様々な流派があるように,今は少なくなりましたが,一昔前は多くの武術において様々な流派が並立していました.

そこで,嘉納先生は,当時のいろんな流派のいいとこ取りをして,技術を体系化し1つの武道としてまとめました.こうして柔道が生まれました.

したがって,柔道には流派がありません.

「武道」というと単に「相手を倒すための技術」という意味合いを強く感じてしまいますが,嘉納先生は「鍛錬」と「教育」を目的として柔道を広めたと言われています.

その際,嘉納先生は「精力善用と自他共栄は,社会生活の根本原則である」という信念を掲げています.

現在でも,

  • 精力善用:目的を達するために,心身の力(「精神の力」と「身体の力」)を最も有効に使用すること
  • 自他共栄:相互に協調することで,自分だけではなく社会,組織が共に栄えていくこと

の2つは柔道の2大理念として掲げられています.

随分前になりますが,私が初段をとったときにもらった色紙を挙げておきますね.

「精力善用」「自他共栄」と書かれた色紙

入段の際にもらった色紙

柔道の理念が書かれた紙

入段の際,色紙と一緒にもらった柔道の理念

さて,その際にこのようにもともと柔道は「武道」であり,「スポーツ」ではありませんでしたが,時間が経ち柔道が競技として普及するとともに,(良くも悪くも)スポーツとしての側面が強くなっていきます.

柔道がオリンピックに初めて登場するのは,1932年のロサンゼルスオリンピックからです(ただし,これは正式種目ではなく,公開種目としてです).

それ以来,嘉納先生がまとめ上げた柔道は”JUDO”として世界に広く浸透していき,技術の改良やルールの改正が重ねられ,現在の柔道の形になったというわけです.

しかし,技術やルールは新しくなっても,今なお「精力善用」「自他共栄」の理念が変わらず受け継がれていることに,私は感慨を覚えます.

皆さんはいかがでしょうか?

「一本」と「技あり」

柔道の「勝ち負け」を説明する際には,「一本」,「技あり」,「有効」の説明が欠かせません.

「一本」と「技あり」は,相手を倒したり,抑え込んだりすることによって得られる「ポイント」です.

「一本」,「技あり」,「有効」の意味は次のようになっています.

  • 一本:1回取ればその時点で勝ちとなり,試合が終了します.
  • 技あり:2回取れば「一本」となり,試合が終了します.これを「合わせ技」と言います.
  • 有効:何回取っても勝ちにはなりませんが,制限時間が終了した時点で両者の「技あり」の数が一緒なら,「有効」が多い方の勝ちとなります.

つまり,

  • 「一本」を1回取る
  • 「技あり」を2回取る

ことができれば,その時点で試合終了となります.

また,「有効」は何回取っても「技あり」に勝てません.例えば,制限時間が切れたとき,自分が「有効」を10回取っていても,相手に「技あり」を1回でも取られていると負けとなります.

なお,以前は「有効」の下に「効果」もありましたが,現在では用いられなくなっています.

2018年のルール改正で,現在では「有効」は用いられなくなりました.

したがって,現在では「一本」と「技あり」のみとなっています.

この改正には「一本をとる柔道」を求め,技のダイナミックさを促進する狙いがあるようです.

「立ち技」と「寝技」

基本的に,柔道の技は「立ち技」と「寝技」に分類され,「立ち技」と「寝技」のそれぞれで「一本」,「技あり」があります.

判定基準には「講道館ルール(講道館試合審判規定)」と「国際ルール(国際柔道連盟 (IJF) 試合審判規定)」の2つが主流です.

「講道館ルール」は国内試合で用いられることが多いルールで,「国際ルール」はオリンピックなどの国際試合で用いられることが多いルールです.

この記事では,「国際ルール」に基づいて説明します.

立ち技

「立ち技」は「投げ技」と言われることもあり,「相手を投げること」により一本を狙います.

「立ち技」での「一本」,「技あり」の基準は,大雑把に次のようになっています.

  • 一本:相手を「コントロール」して,それなりの「強さ」と「速さ」で「相手の背中が畳につく」ように投げたとき
  • 技あり:相手を「コントロール」して「相手の背中や肘が畳につく」ように投げたが,「強さ」や「速さ」が不足しているとき

ですから,立ち技では「相手の背中を畳につける」ことが目的になり,ダイナミックに相手を仰向けに投げることができれば一本となります.

その際,投げた時の「強さ」と「速さ」とがどれだけ達成できているかで,「一本」,「技あり」のどちらになるかが変わります.

「背中や肘がつく」のが「一本」や「技あり」の条件である以上,相手がうつ伏せに畳に落ちた場合などは「一本」,「技あり」にはなりません.

うまく投げたように見えても「技あり」にも「一本」にもならないことがありますが,それはこれが理由であることが多いです.

なので,投げられてから体をひねって逃げようとすることはよくありますが,これは背中がつくのを回避しているわけですね.

寝技

「寝技」は「固め技」,「絞め技」,「関節技」により一本を狙います.

固め技

「抑え込むための技」のことを「固め技」といいます.

「抑え込み」とは「相手を畳に仰向けの状態にして上から制御し,反撃できない体勢にすること」を言います.

「抑え込み」が成立している時間によって,「一本」,「技あり」は次のようになっています.

  • 一本:20秒の抑え込み
  • 技あり:10秒以上,20秒未満の抑え込み

「抑え込み」は次のようにして「解く」ことができます.

  • うつ伏せになる
  • 相手の胴体や脚に,自分の脚を絡める
  • 場外に出る

2つ目の「相手の胴体や脚に,自分の脚を絡める」ことで抑え込みが解けるのは,地味ですが大切なポイントです.

自分の胴体や脚が,相手の脚に絡められていると,上半身は抑え込んでいても「抑え込み」にはなりません.

なので,上半身を抑え込んでしまってから,絡まれた脚を解いて「抑え込み」に持ち込むことは,実際の試合でもよくあります.

関節技

「肘関節を極める技」のことを「関節技」といいます.

「肘関節を極める」とは,「肘を本来曲がらない方向へ力を加えて傷めつける」ことです.

柔道で許されている関節技は「肘関節の関節技」のみで,手首や肩など肘以外への関節技は禁止されており,肘以外へ関節技をかけた場合は上述したように一発で反則負けになります.

関節技が極まった場合,畳や相手を2回叩くこと(タップ)により「参った」となり,その時点で一本となります.

稀に「参った」をせず肘を傷めて試合続行が不可能になることがありますが,そうなった場合も一本となります.

絞め技

「頸動脈を締める技」のことを「絞め技」といいます.

「絞め技」はあくまで「頸動脈を締める技」であって,「気管を締める」わけではありません.

ですから,「絞め技」が極まると,息が苦しいというより,脳に血液が回らず意識が遠のきます.

このため,単に気管を絞めて落とそうとすると時間がかかりますが,頸動脈を締める「絞め技」が完璧に決まれば数秒で落ちる(失神する)こともあります.

関節技と同様に,絞め技が入った場合は畳や相手を2回叩くこと(タップ)により「参った」となり,その時点で一本となります.

「参った」をしないと落ちることがありますが,そうなった場合も一本となります.

反則

2種類の反則があります.

軽い反則

軽微な反則をした場合には「指導」が与えられ,「指導」が3つ与えられるとその場で反則負けとなります.

よくある「指導」の対象は次の2つです.

  • 相手と組み合おうとしない
  • 自分から技をかけない(極端な防御姿勢をとる)

実際の試合の指導の9割以上がこの2つです.

私が最初にこの2つを聞いたときは,「じゃあ,技かけまくったらええんやろ?」と思ったものですが,実はそう簡単な話ではありません.

のちに説明しますが,柔道には相手がかけてきた技をいなして,逆にかけ返す「返し技」というものがあります.

このため,迂闊に中途半端な技を出してしまうと,「返し技」を受けて逆に負けてしまうことがあります.

そこで「自分がチャンスの時だけ組み合おう」「返し技ばかり狙おう」という戦略が思い浮かぶわけですが,柔道ではこれらを禁止しています.

柔道はもともと「鍛錬」と「教育」を目的としていましたから,「正面から相手と向き合わないズルい考え方は,柔道の理念に反する」ということでしょうか.

なお,「一本」や「技あり」とは異なり,あくまで3つ与えられれば反則負けになるだけで,「指導」の数に差がついていても勝敗に関係はありません.

重い反則

一発で反則負けになる思い反則もあります.

たとえば,

  • 手で相手の帯より下の部分を攻撃/ブロックすること
  • 寝技で相手の肘以外の関節に関節技をかけること

などがあります.

以前は「諸手狩り」「踵返し」という手で相手の足を掴む技もあったのですが,最近は「手で相手の帯より下の部分を攻撃する」と反則というルールができたせいで,めっきり見なくなりました.

これは以前のオリンピックで,タックル(諸手狩り)だけでオリンピックを優勝してしまったことが原因だとか…….

ルールブック

以上の基本的なルールが分かっていれば,柔道を見ていても勝敗が分かります.

このあとに「柔道のみどころ」を紹介しますが,これまでの説明でもっと良く知りたいという方には,以下のルールブックがオススメです.

観戦&実戦で役に立つ! 柔道のルール 審判の基本 (PERFECT LESSON BOOK)

著者の一人である鈴木桂治氏はアテネオリンピックの100kg超級で金メダルを獲得した柔道家で,もう一人の岸部俊一氏は審判員の中で最高ランクのSライセンス審判員です.

このルールブックは非常に読みやすく,写真を交えて丁寧に解説されており,初心者にも非常に読みやすいのが特徴です.

といっても,子供騙しのような「なんちゃってルールブック」ではなく,東京オリンピックでも採用される最新のルールがしっかり載っています.

また,単にルールだけではなく,柔道技(立ち技も寝技)も載っているので,柔道を観戦しながら柔道技を確認できるのは,初心者にもありがたいところですね.

全部で86個の柔道技が載っているのですが,「そんなんあったな(笑)」と思うようなマニアックな技まで載っているので,この一冊さえあれば柔道の中継でもルールや技で困ることはないでしょう.

みどころ

以上で説明した

  • 「投げ技」の美しさ
  • 「寝技」の上手さ

が柔道の「みどころ」であるのは言うまでもないでしょう.

加えて以下のことを知っていれば,さらにアツく観戦できるようになります.

組み手争い

立ち技では,相手の「襟」と「袖」を握るのが,基本的な姿勢です.

このとき,

  • 親指が相手の腕に密着するように,「袖」を握れば力は伝わりやすいですし,
  • 上の方の「襟」を握れば力はよく伝わります.

このように,「襟」と「袖」をしっかり握ることができれば,しっかり技に入ることができます.

ということは,逆に相手に良いところを握らせないようにするのも大切で,自分だけ良いところを握れるような争いを「組み手争い」といいます.

オリンピックレベルの選手が良い組み手になれば,必ずといって良いほど技に入ることができます.

ですから,テレビの柔道中継でも良い組み手になれば,「良いですよ!良いですよ!」解説の方はテンション高めになります(笑)

それほどに,しっかり組み手が取れることは大切で,「みどころ」の1つでしょう.

立ち技から寝技への連携

投げ技に入っても,必ず決まるわけではありません.相手がうつ伏せに倒れれば,有効にすらなりません.

ですが,投げる時に相手の袖や襟のいい位置を握った状態で寝技へ移行すれば,立ち技で決まらなくても,そこから相手をひっくり返して寝技に持ち込むことができるのです.

例えば,立ち技で「技あり」を決め,そのまま寝技に移行して20秒の抑え込みで「技あり」をとって,合わせ技の「一本」ということもよくあります.

ですから,倒された相手は投げられた直後にすぐにうつ伏せになろうとしますし,うつ伏せになれなくても相手に脚を絡めていれば抑え込みにはならないので,相手の胴体に足を絡めようとします.

このような攻防も「みどころ」の一つです.

返し技

最後に「返し技」です.

柔道では,体勢が十分でないまま技に入ってしまうと,バランスを崩してしまい,逆に投げられてしまうことがあります.

このように,「相手がかけた技を捌き,逆に相手をコントロールして投げる技」のことを「返し技」と言います.

上述したように,「返し技」があることによって投げる側は迂闊に技に入ることができなくなりますが,逆に「返し技」を恐れすぎると指導を取られかねません.

ここからも,しっかり技に入れるように「組み手争い」が大切であることが分かりますね.

ここの微妙なところに面白さがあるのです.

また,「返し技」は判断が難しいことも多く,誤審が起こることがあります.

今では時々テレビで見かける篠原信一氏が戦った,2000年のシドニーオリンピックの男子柔道100kg超級の決勝で「世紀の大誤審」とも言われる誤審が起こりました.

この試合では,篠原信一氏が「返し技」をきめたにもかかわらず,一本になるどころか相手にポイントが入ってしまいました.

結局,その相手の有効のポイントが最後まで響き,篠原信一氏は銀メダルに終わることになりました.

白のドゥイエ選手が内股(内腿を払い上げる技)をかけ,青の篠原選手は左足を上げてその技をすかしています.

この技は「内股すかし」という返し技で,ドゥイエ選手はそのまま反転させられ背中から落ちており,文句なしの一本だと私は思います.

なお,このことに関して,のちに審判団も相手国のフランスも誤審であったと述べています.

今回の記事の趣旨に沿いませんので,誰が悪いというつもりはありませんが,このように「返し技」は判断が難しいものでもあります.

しかし,この誤審から「ビデオ判定」や「審判委員(ジュリー)」が制度化し,人為的ミスを排除する制度が導入されることにもなりました.

柔道のオススメ動画

私が軽量級のため,趣味が軽量級に偏ってしまっていますが,最後にオススメの動画を最後に紹介します.

野村忠宏氏

野村忠宏氏は1996年のアトランタオリンピック,2000年のシドニーオリンピック,2004年のアテネオリンピックの60kg級で史上唯一のオリンピック柔道3連覇を果たしています.

なお,この動画は3回目のアテネオリンピックですが,2回目のシドニーオリンピックでは「全て違う技で勝つ」と宣言し,実際に全て違う技で勝っています.

こんな野村選手は子供の頃は勝てなかったそうですから,本当に努力の人なんやろうなと思います.

もっとも本人は「俺は天才」と笑っていますが(笑)

海老沼匡氏

海老沼選手の柔道を最初に見たとき,「すがすがしい柔道をする選手やなあ」という感想を持ちました.

投げようとすれば,投げられる危険をいつでも孕んでいるのが柔道ですが,海老沼選手はいつでも正面から相手に向き合って一本を狙っていきます.

こんな真っ直ぐな柔道をする上に,座右の銘は「努力は必ず報われる」だそうで,くうカッコいいじゃないですか.

大野将平氏

2016年のリオデジャネイロオリンピックの73kg級で金メダルを獲得しています.

立ち技,寝技のキレに加えて,最後まで投げ切って決める一本は,見ていて非常に気持ちがよく爽快です.

柔道に対する考え方や姿勢を見ても,選手というより柔道家という方が個人的にはぴったりきます.

最後から2本目の投げ技は後ろから相手を抱えて投げる「裏投げ」という立ち技ですが,私にはセンスの塊のようにしか感じません.

古賀稔彦氏

1992年のバルセロナオリンピックの71kg級で金メダルを獲得しています.

豪快にもっていく「一本背負い投げ」が得意技で,技のキレが凄まじい選手です.

完全に相手の懐に潜り込んで,持っていってます.

完全に相手を乗せているあたり,まさに「投げる」という表現がぴったりですね.

最後まで読んでいただきありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

【SPONSORED LINK】

コメント

  1. こうき より:

    試合時間は何分ですか。試合の時に販促したらどうなりますか。

    1. yama-taku より:

      試合時間は大会によって異なります.日本トップレベルなら5分の場合もありますし,中高生の試合なら2,3分ということもあります.
      また,反則の種類によりますが,一発で反則になることもあれば,軽微なものなら「指導」を取られ相手にポイントを与えられることになります.

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください