【SPONSORED LINK】

京阪電鉄でICOCA定期券,SMART ICOCA定期券は作れるのか

  
   

京都と大阪を繋ぐ私鉄として,京阪電鉄は多くの人に利用されています.

京阪本線の特急が大阪の「淀屋橋駅」から京都の「出町柳駅」までを片道1時間足らずで結んでいるのは素晴らしいですね.

しかも,京阪本線の特急(一部車両は除く)はフリーWi-Fiも使える上に,座席も超快適なのは「(一部有料の車両があるものの)本当に無料でいいのか?」と思うほどです.

とまあ,このように僕は京阪大好きです.

さて,この記事では京阪電鉄で定期を作るとき,ICOCA(イコカ)定期券を作ることはできるのかについて書きます.

【SPONSORED LINK】

ICOCAとは

ICOCAはJR西日本が発行する2003年11月にサービスを開始したICカードです.

私がICOCAを使い出して数年経ったとき,突如として「ICOCA」という名前が関西弁の「行こか」と「IC」をかけていることに気付いたときは,このネーミングセンスに感動したものです(笑)

ICOCAとは,あらかじめお金をチャージしておけば,改札にタッチするだけで自動で決済してくれるカードで,いちいち切符を購入する手間がなくとても便利です.

また,コンビニなどでもICOCA払いができるので,会計時に「ICOCAで」と店員さんに伝え,ICOCAをかざせば1秒かからず決済が完了します.

いちいち財布を取り出して小銭を数えたりお釣りをもらう必要がなく,カード一枚でスピーディに会計できるのは,自分にも店員さんにも後ろのお客さんにもありがたいですね.

ICOCAについて,以下の記事に詳しくまとめているので,是非お読みください.

【参考記事:「イコカ」と「スマートイコカ」の入手方法とメリット

さて,元々はJR西日本のICカードでしたが,今や全国の多くの駅でICOCAは利用できるようになっています.

京阪電鉄も例外ではなく,ICOCAを使うことができます.

京阪電鉄のICOCA定期券

結論から書けば,京阪電鉄でICOCA定期券は作れます.

入手方法

普通の定期券でもICOCA定期券でも,京阪電鉄で定期券を買うときには「定期券・ICOCA定期券購入申込書」に必要事項を記入することになります.

普通の定期券ではなくICOCA定期券を希望する場合には,この申込書に「ICOCA定期券を希望(する/しない)」という欄があるので,そこで「する」に丸をつければOKです.

そして,

  • 既にICOCAを持っている人は,京阪電鉄の窓口で申込書と一緒に既に持っているICOCAと一緒に渡せばOKです
  • ICOCAを持っていない人は,京阪電鉄の窓口で申込書を渡すだけでOKです.

窓口の方はICOCAを持っているか聞いて下さいますが,既にICOCAを持っている場合にはあらかじめ用意しておくとスムーズですね.

なお,詳しく言えば,京阪電鉄がICOCAを発行しているのではなく,発行はあくまでJR西日本が行っており、京阪電鉄などは取扱事業者としてカードの発売を行っているという状況にあります.

注意点

注意点としては,ICOCAを入手する場合には「預り金(デポジット)」が500円必要です.この500円はあくまで預り金なので,ICOCAを解約すると戻ってきます.

ですから,新しくICOCA定期券を購入する際には,

「普通の定期券で必要な分の料金」+「預り金500円」

が必要です.

支払いは「現金」か「クレジットカード」を選ぶことができます.

「クレジットカード払い」の場合には単に預り金の500円は上乗せで引き落とされるので問題ありませんが,「現金払い」の場合には区間分ぴったり持っていくと預り金の500円が足りないことになるので注意して下さい.

当然,既にICOCAを持っている場合には預り金は発生しないので,現金払いでも区間分ちょうどで問題ありません.

SMART ICOCA定期券は買えるのか?

ICOCAと似たカードに「SMART ICOCA」というICカードがあり,これらICOCAとSMART ICOCAの違いは「クレジットカードのチャージができるか否か」にあります.

普通のICOCAは駅のチャージ機に現金を投入してチャージする一方で,SMART ICOCAは現金がなくても駅のチャージ機でチャージすることができます.これをクイックチャージといいます.

これはどういうことかというと,SMART ICOCAを入手する際にはクレジットカードを登録するため,SMART ICOCAはクレジットカードから引き落とすことができるのです.

このように,現金がなくてもがSMART ICOCAにチャージできるというのが,SMART ICOCAのメリットですね.もちろん,SMART ICOCAに現金チャージすることも可能です.

クイックチャージは現金を投入する必要がないことから,ものの5秒程度でサッとチャージが完了するのは急いでいるときに嬉しいですね.

【参考記事:「イコカ」と「スマートイコカ」の入手方法とメリット

さて,「このSMART ICOCAで定期券を作れるのか」ということですが,発行できる場合とできない場合があります.

発行できるための条件は,

  • もともとSMART ICOCAをJR西日本で発行している
  • 定期区間内にJR西日本の路線がある

の2つです.

「定期区間内にJR西日本の路線がある」については,つまり「JR 鴫野駅 – JR 京橋駅 – 京阪 京橋駅 – 京阪 出町柳駅」とJRの区間を一部でも含んでいれば,SMART ICOCA定期券を作ることができます(「JR 京橋駅」と「京阪 京橋駅」は隣接しており,歩いて1分の乗り換えです).

一方で,「京阪 淀屋橋駅 – 京阪 出町柳」で定期券を作る場合には,JRの区間を含んでいないのでSMART ICOCA定期券は作れません.

JRの区間を含んでいる場合には,SMART ICOCA定期券の発行を考えてみてよいと思います.

オススメ

最後に私が愛用しているオススメのカードケースがあるのでご紹介します.

カードケース スキミング防止 (zepirion)

このカードケース,実はワンタッチで中のカードが瞬時を取り出せるようになっています.

さらに,スキミング防止機能があるので,クレジットカードの情報が盗まれないようになっています(なくても盗まれることは稀かもしれませんが……).

また,見ためもスタイリッシュで綺麗ですし,さっとカードを取り出せるとカッコいいです.

薄い上に素材もアルミニウムなので,軽くポケットに入れていても邪魔になりません.

スキミング防止機能があるので収納したままではICOCAが反応しないのが少し残念ですが,片手ワンタッチでICOCAをタッチできるので,実際に取り出さなくても改札は通過でき,不便さはさほど感じません.

2000円しませんから,コスパも非常に良く,超オススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください